読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RWH

第三章

3.3代数データ型 うまく使えばバグを生みにくくすることが出来て良さそう。 例 -- x,yの座標 data Cartesian2D = Cartesian2D Double Double deriving (Eq, Show) -- 偏角と長さ data Polar2D = Polar2D Double Double deriving (Eq, Show) という同じ型の二…

第二章

ついでに第二章もしておく。 このへんも大体既知。 2.12 練習問題1,3省略 練習問題2 lastButOne :: [a] -> a lastButOne xs = head $ drop 1 $ reverse xs

第一章

大体既知の事柄。 練習問題1,2は省略。 練習問題3 main = interact wordCount where wordCount input = show (length (words input)) ++ "\n" 練習問題4 main = interact wordCount where wordCount input = show (length input) ++ "\n" とりあえずこんな感…