読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯音楽プレイヤー愚考

最近流行の携帯音楽プレイヤー(要はiPod見たいな奴)に対していろいろ思うところがあったのでその辺を吐き出してみる。突込みとかがあると嬉しいなっと。
さて、先日とうとうiPodの新型が発表されましたね。私はさまざまな理由でiPodは使わないと心に決めたのではっきり言って興味が無いのですが、新型とくにtouchをみて思ったのが、こんな機能いるの?といいたくなるような機能ばかり。IEEE802.11b/gの無線LANとかSafariとかどうするのさ。
Youtubeを見るったって限度があるだろう。
そんなにいろんな場所でYoutubeを見たいものか?
まぁ正直な話、最近の携帯音楽プレイヤー(長ったらしいので以下DAPと表記します。)とかでの機能が増える一方なのに辟易してるのですよ。なにせ、やれ動画が見れます、やれ写真がやれテキストが云々といった感じでいろんなものが見れるようになって来てます。はっきり言ってしまうと私はDAPでは音楽さえ聞ければいいやと思ってるわけです。理由としては以下の点があります

  1. 音楽はわりとどこでも聞けるけど、動画とかはそうは行かない。
  2. DAPで動画を見るためにかける時間と実際に見られるものの釣り合いがあっていない気がする。

といった二点。突っ込みは動画のみになってしまいましたが、まぁ写真やテキストもわりと似たり寄ったりな理由です。
でなんで、そう思うかというと、まず1からですが、簡単に言ってしまうと、電車とかに乗ってないと使えねぇじゃんといったことです。たとえば自転車に乗ってて動画を見るっていうのはわりと至難の業だと思います。が、音楽を聞くというのは割りとどうとでもなります。で2では、DAPのディスプレイのサイズにしてまで動画を見たいか?ということです。わざわざ時間をかけて動画をDAPに最適なサイズまでエンコードして、小さいディスプレイで見るっていうのが理解できないのです。そこまでしてまで見たい動画ってあるのだろうか?それに比べると、音楽はあっという間にDAPで使えるサイズまで持っていけるので楽じゃねという感じです。
ということで、とりあえずDAPで動画を見るのは不便だとおいらが思ってるというだけの話でした。ただ、twitterでボソっと書くには長いし、心に溜め込むのもなんだかなーと思ったんでこうやって書き出してみた。まぁDAPに関してはいろいろ考えるところがあるので、また何かしら書くと思う。
最後に頭の方で書いたiPodを使わないと決めた理由をですが、これは非常に簡単な理由なんです。
iTunesを使いたくない。というよりも特定のソフトウェアに依存して生活したくないということです。
たとえばそれが便利なら依存しても良いかなと思うのですが(ex GNU EmacsGNU Screenとか)iTunesは使いやすくない。あと、私はwindowsだけじゃなくてLinuxとかも使う機会が多いので、それとの兼ね合いとかもあるのです。linux用の互換ソフトがあるのは知ってますけど、いちいちそれを入れるのも面倒くさい。cpコマンドでいいじゃんと思ってしまいます。

では。